看護部

看護部長ごあいさつ
当院は2009年10月、今までの神経難病・脳血管障害の疾患に加え、内科一般およびリウマチ・膠原病疾患を中心とした医療を行う専門病院を目指してオープンしました。現在、全道各地から専門的医療を受けるために患者さまが多数来院されています。
私たちは、長い経過をたどる病とそれに伴う機能障害の双方を抱える患者さまとご家族を医療チームが一丸となって支援していくことを方針としています。
リウマチの講演会でしばしば、ルノワールの晩年の写真を示しリウマチの典型であるという話を聞くことがあります。ルノワールは48歳でリウマチに罹患し、61歳で車椅子の生活を強いられましたが、晩年までリウマチの痛みや苦しみを微塵も感じさせない画風があったそうです。その豊かな画風を貫きとおすことができたのは、妻と3人の息子とその嫁たちの支え(援助)があったからだと言われています。
私たちも看護・介護の専門性を磨き、患者さまがその人らしく人生が送れるよう、「声を聴き」、「想いを知り」、おひとりお一人の人生の質に注目し、患者さま・ご家族と共にチーム医療を推進していけるよう努力してまいります。
看護部長 平沢 妙子