薬剤課

薬剤課は薬剤師7名(男性1名、女性6名)、薬剤補助員1名、事務職員1名でより良質な薬物治療が安全に行われるように業務を遂行しています。薬剤師に求められる業務は多様化し、他部署との協働を掲げ、チーム医療に参加しています。

調剤業務

外来患者様の調剤は院外処方箋を発行しており、主に入院患者様の調剤を行っています。

注射薬剤業務

注射剤の調剤
中心静脈輸液の混注
バイオ製剤・特殊薬剤の調整
外来注射剤(バイオ製剤)の調整

病棟業務と薬剤管理指導業務

病棟の薬剤師の常駐を目標としています(病棟朝会参加・病棟カンファレンス参加)。
患者様に近い距離に薬剤師がいることを心がけています。
病棟スタッフとのコミュニケーションと薬剤師としての積極的な提言・提案を行い、医薬品が安全に使用管理されているかの確認を行っています。

実務実習指導業務

認定実務実習指導薬剤師2名(2015年7月1日現在)にて、参加型実習を目指して指導をしています。

その他の業務

輸血に使用する血液やその他の血液製剤の供給管理をしています。
治験薬の保管・管理・調整・払い出し等を行っています。
また、院内の各委員会へ参画し、他部署と協力して病院がより質の高い医療の提供ができるように努めております。