リハビリテーション課

ウォーキングミニカンファレンス

理学療法士、作業療法士、看護師が立ち会って患者さまの便座への乗り移り動作の評価を行っています。

病棟ミーティングへの参加

看護師とリハビリスタッフが毎日ミーティングを行い、リハビリの進捗状況や訓練内容、患者さまの全身状態の情報を互いに共有しています。これにより病棟スタッフとリハビリスタッフの連携を高め、その日の体調や状態に合わせて円滑かつ安全にリハビリテーションを行うことができます。

家屋調査

関節リウマチ患者さまの15%程度の方には杖や手すりが必要とされています。階段や廊下への手すりの設置、玄関の段差を解消するなどの住宅改修を行うことで、患者さまの生活を快適にし、関節の負担を軽減し、介護負担を軽減することにつながります。当院では必要に応じて患者さまのご自宅を訪問し、廊下幅の確認や手すり位置、動線設定などの住宅改修に必要な情報や、介助方法などのアドバイスを行っています。

玄関
上がり框の高さを低くすることでつまずいて転倒することを予防できます。
トイレ
トイレ内に手すりを設置することで、便座からの立ち上がりや着座が安全に行なうことができます。
浴室
手すりを設置することで浴槽への出入りを安全に行なうことができます。