リハビリテーション課

言語聴覚療法とは?

「聴く」「話す」「読む」「書く」「食べる」ことに障害をお持ちの方に対して言語聴覚士が機能維持や回復を図っていきます。

失語症に対するリハビリテーション

脳機能障害により「聞く」「話す」「読む」「書く」機能低下がみられたときに、発語・書字、ジェスチャーなどを用いながら日常コミュニケーションを円滑に行なえるように関わります。絵カードや教材などを使いながら、患者さまの状態に合わせた日常生活を想定しながら訓練を行います。

運動性構音障害に対するリハビリテーション

口腔顔面運動が困難になり、呂律が回りにくくなった患者さまに、呼吸・発声訓練や音読・復唱・歌唱訓練を行ったり、口腔ケアで口腔内衛生を保持しつつ、肺炎予防や脳の活性化を図っています。また、口腔体操を行ないながら顔面周囲筋の筋力トレーニングを行うことでスムーズなコミュニケーションがとれるよう関わっています。患者さまの残存機能を日常で最大限に生かし、表情・ジェスチャー・ウインク・目線などで訴えを伝達できるように文字盤などのコミュニケーションツールを用いる場合もあります。

嚥下障害に対するリハビリテーション

食べることに障害をお持ちの患者さまに、必要に応じて食事の形態を工夫しながら、嚥下訓練を行います。スムーズに飲み込めるように理学療法士・作業療法士と連携をとり、食事の際の姿勢を整えたり、管理栄養士・看護師と連携を取りながらより安全な食事摂取を行なえるよう援助を行います。